• ホーム
  • SNSを利用したサイト流入を考えてみよう

SNSを利用したサイト流入を考えてみよう

TwitterなどのSNSを利用すると、コンテンツへの流入対策も期待できます。コンテンツのデザインを見やすくしていくことは大切な要素ですが、それ以上にコンテンツへユーザーが訪れることが重要です。閲覧してくれるユーザーがいなければ、コンテンツの存在価値が無になる可能性があります。色々なサイトからユーザーが流入してくるトラフィックを増やすには、様々な戦略的行動が必要になります。
本来はSEOの観点から見ても主流とされていましたが、検索エンジンだけに頼ることなくSNSからの流入を期待するケースが多くなりました。たくさんの人が登録しているTwitterはコンテンツへの流入が大きく期待でき、色々なトラフィックチャネルが存在することもあります。色々なチャネルからコンテンツへの導線を張り巡らせ、ユーザー流入を増やすことは大きな発信力があることと同様です。
SNSにてタグ付けを行ったり、様々な情報発信を行うことでトラフィックをあげていくことができます。多くの人にコンテンツの存在を認知してもらうことが目的ですが、わかりやすい画像などを掲載していくことで、ユーザーの気をひくこともできます。更新は毎日行うことで、生きたアカウントであることを認知してもらいます。更新がたまにしかされないSNSアカウントは、ユーザーから見てあまり価値がなく古い情報かもしれないという不安があります。
あくまで戦略的な方法をとるので、コンテンツの中身や画像・タイミングなども適切な時を選びます。
魅力的なコンテンツを作ることがメインとなりますが、タグを貼り過ぎればユーザーから見にくいコンテンツになる可能性があり離脱の可能性が大きくなります。用意するコンテンツは内容が面白かったり、ユーザーにとって役に立ち、拡散したいような気持ちにさせるものが理想です。魅力的なコンテンツを作るためにはタイトルを魅力的なものにして行き、毎日画像をつけて更新することが大きなポイントです。
タイトルで大きなインパクトをもたせているにもかかわらず、内容がそれに伴っていないケースもあります。これがユーザーにわかった瞬間、マイナスイメージを与えるかあまり良くない印象を持たれてしまうリスクがあります。内容が充実していて常にオリジナリティがあるものであれば、タイトルに気を引くようなコンテンツを作らなくても、自然にユーザーが流入してくるシステムです。
それに伴い勝手に拡散されていくので、集中させるポイントを間違わないようにします。