• ホーム
  • SEO詐欺業者には気をつけろ!見極め方を伝授!

SEO詐欺業者には気をつけろ!見極め方を伝授!

SEO対策を行なっていく上でとても脅威となるのは、SEO詐欺で質の低いコンテンツの検索順位を不正な形で上昇させていくテクニックを使用しています。検索エンジンでは基本的なところから見て、質の高いコンテンツを上位に表示させようとします。
ブラックハットSEOではアルゴリズムの隙間を探して、本当のクオリティには見合っていない順位を獲得することが可能になっています。ユーザー目線からすると内容のないコンテンツが常に上位表示されているので、検索する楽しみが失われて行きます。SEO詐欺の手口としては低品質な被リンクが大量設置されていて、重複コンテンツが多いです。
隠しテキストやリンクなど、細かなものがあり不自然リンクが文章の色々なところに見受けられます。検索エンジンに向けての特別な表示を行う、クローキングというテクニックも判明しており注意する必要があります。トラフィックは特に多くのリンクを貼られているコンテンツほど、検索上位になるというアルゴリズムを利用した悪質な方法です。
Googleは低品質なリンクを検索順位の判定の中でも重視していることになり、検索順位の上位表示の効果は発生します。業者がこのようなブラックハットを行なっていることもあり、Google検索エンジンを利用しています。被リンクによる検索順位の上昇は効果的で他の検索エンジンにも発生しますが、ユーザー目線から見てもあまり良いバックリンクにはなっていません。
トラフィックでGoogleは被リンクを重視するアルゴリズムを組み込んでいますが、自然リンクがつかないですし、アルゴリズムでのプログラムに過ぎないことから人のような目線で評価することができないことが言えます。被リンクを利用することで人力のような評価を検索順位の指標にしやすいですが、役に立つコンテンツを作ることに役立ちます。バックリンクは各サイトの情報を読み取ることで、アルゴリズムがコンテンツのクオリティを判定しています。
業者であればアルゴリズムがコンピューターのプログラムなので、人力の価値観についての評価が難しいです。Googleではそのページに貼られているバックリンクを測定する方法をとっていて、それぞれの記事を比較して貼られているリンクが多い時にピックアップします。
役に立って面白い記事であるかどうかが指標になり、多くの人が共感し紹介をすることでバックリンクが貼られて行きます。これらを順位の評価に取り入れていくアイデアで、人の目線から見てクオリティが高いページを評価するようになっています。