• ホーム
  • 露骨なSEO対策のバックリンクはペナルティの対象になる

露骨なSEO対策のバックリンクはペナルティの対象になる

ノートPCでタイピングしている女性の手元

Googleのガイドライン違反は手動ペナルティの対象となり、被リンクにはいくつかの条件があるので注意が必要です。基本的な条件として目的が被リンクだけであったり、リンク集とも言われるワードサラダ・全てのアンカーが同様になっているケースになります。Googleは検索順位を上位表示させるために被リンクを購入することを禁止していますし、相互リンクでもリンクサイトへの登録ができません。
被リンクだけが目的のサイトは、もちろんペナルティの対象となっています。リンク集はプログラムを使用しながら作った文章のことで、1日で数万ページもの被リンクページを作ることができます。一昔前までは低コストで外部リンクとして流行していましたが、このようなリンクはGoogleのガイドライン違反ですでに重いペナルティが課されるようになっています。
手動ペナルティが課されると対応が面倒になるため、常にユーザーの利益を重視したコンテンツ作りに励む方がメリットが大きいです。バックリンクもサイトの被リンクの正確な調べ方を知ることができ、リンク購入をするケースも見られます。問題となっている相互リンクも全てのアンカーテキストがSEO対策の面で、キーワード入りとして扱われているテキストです。
これらはスパムの可能性が高くなりますし、Googleもページをインデックス化するときに、サイトに違和感がありすぎてすぐに知られてしまいます。業者からリンク購入をしてまでリンクを獲得するにはリスクが高いですし、SEO対策も良い方向へ長く続きません。自作自演でリンクを大量に獲得している場合は、自然リンクとは違いアンカーテキストの場合もあります。
サイト名と関連しているキーワードで別れるのが普通ですが、全て同じにする時点で作為的なものを持っているとGoogleにイメージがつけられてしまいます。判断基準は全てのリンクをもとに調べていきますが、リンク先が多い場合は機械的に調べることができる基準を知っておくと役に立ちます。ペナルティが課せられているケースとして、検索エンジンにインデックスされていない場合や日本語以外のページで書かれているもの・外部サイトへのリンクが3割を超えていることが大きな特徴です。
バックリンクを受けていたり価値がないと判断されるページは、インデックスから削除されていきます。業者であればスパムドメインの可能性も高くなりますし、自作自演かどうかを調べていくことが可能です。