• ホーム
  • 質の良い中古ドメインの見分け方とは?

質の良い中古ドメインの見分け方とは?

中古ドメインはドメインエイジがあることが最大のメリットですが、それでもこの利用にはリスクがあるので高品質の中古ドメインを見分けることが大切です。新しいサイトのリリースに伴い中古ドメインを購入する場合、その前にガイドラインに違反していないかを確認することがリスクの回避になります。中古ドメインであることは、ペナルティが課されている可能性があるので、ハズレに当たってしまった場合は再審査リクエストで知らせることで、確認して解除される可能性があります。
中古ドメインを利用するときは、ペナルティが課されている過去がない高品質なものを利用することが基本になります。業者に査定をしてもらうことで、低品質の中古ドメインはあらかじめ取得しないという方法もあります。実際に中古ドメインを使ってコンテンツを運用していることもあり、運用履歴などを含めドメインの質の見分け方がかなり大きな分かれ道になります。
ドメインエイジは過去にどのくらいの長さでコンテンツに使われていたのかの指標になりますが、これが長ければ長いほど低品質ではない可能性が高まります。長きにわたってサイトを運営できるということは、ある程度のユーザーが閲覧をしており被リンクもついている可能性があるからです。
低品質のコンテンツであれば、サイトの運営がそこまで長く行えないことからツールを使って行う見分け方が確実です。リンク数が多い方が理想ですが、どこからのリンクがつけられているかにもよるので一概には言えない部分もあります。ドメインの文字列に魅力を感じて取得することにもなりますが、万が一すでに取得されている文字列であれば、それをどうにかして取得したいと考えるケースが考えられます。SEO対策に関係する部分だけではなく文字列に重きを置き、高値で取引されているものも存在します。
それぞれの文字列は世界に一つしかないものなので、それが期限切れになったりすることでたくさんの人が集中するケースもあります。リンク数はそれにも関係がありますが、ドメインを探している場合もどうしても欲しい文字列には、サイト名などが含まれているケースもありオリジナル性が高いです。スパムドメインは一番リスクが高くなりますが、この観点から見ても中古ドメインの見分け方はとても大切になります。
業者に査定を依頼することもありますが、過去に受けたペナルティが残っているケースもあるので質が高いとは言えません。SEO効果に対しては有利なケースもあるので、ツールでスパムドメインでないかを確認します。運用履歴はコンテンツの質にも影響してきますし、ユーザーからも多くの共感を受けているサイトが高品質のものと言えます。