• ホーム
  • トラフィックの無いサテライトサイトに価値はない?

トラフィックの無いサテライトサイトに価値はない?

サテライトサイトはバックリンク対策のためだけの存在してるサイトではなく、被リンクを送るために作成されている場合も数多くあります。被リンクが目的でたくさん生産されているとするサテライトサイトは、粗悪で低品質のものが多いです。検索結果を改善する面から考えて、バックリンク専用となっているサテライトサイトには効果が大きくなくなっていると言えます。
バックリンク用のサテライトサイトは、価値があるサイトや役に立つサイトがありますが、それとは真逆でGoogleからの評価に悪影響を与えたり、低品質で粗悪なものも存在しているからです。全てのものが当てはまるケースではありませんが、バックリンクを設置するだけの目的で作られているサイトは、価値を見出すことができず役に立たないものと言えます。
量産することで効果を生んでいる時代はもう終了していて、現在はGoogleのガイドラインにも違反になるためペナルティの対象となっています。インデックスなどトラフィックがないサイトは、バックリンク用に作成しているものであってもユーザーを含め誰も訪れることはないサイトなので、被リンクに効果があるとは言い切れません。
このようなサテライトを作成した時点でアウトですが、バックリンクを獲得したいという目的で価値がないサイトはプラス評価にされることはなくマイナス評価になります。インデックスはリンクを春場所として検索エンジンが使われますが、ユーザーから見ても価値が見出せない不必要なサイトになっています。量産して対策をとる場合はトラフィックなども、時代遅れの手法となりつつあります。
この場合はコンテンツを業者に対して、粗悪なものが集まっている状態になっているので注意が必要です。ユーザーにとって利便性があり価値のあるコンテンツであることが、最近の指標になりつつあります。しかし、このような悪影響を与えるコンテンツは質が高くないことが明らかにわかるので、見直しをしていく必要性が出てきます。
低品質なコンテンツを持っているサイトは、最終的に評価の対象ではなくなりただのスパムサイトとしてみなされる可能性があります。Googleが発表しているアルゴリズムのアップデートでも、検索結果で影響を受ける可能性が見直されています。これらのことを踏まえてサテライトサイトを活用していき、内容のあるトラフィックの存在によりペナルティが課されないコンテンツの運営が必要です。