SNSのアイコン

サテライトサイトは、SEO対策でのターゲット層を広げるためにメインサイトとは別に立ち上げているものです。サテライトサイトからの流入目的がメインですが、関連しているサイトであればリンク目的にもなりそのサイト自体のトラフィックからも流入を見込むことができます。
被リンクを目的にして使用するサテライトサイトですが、自分のサイトへの被リンクを設定することが目的で、それらを増加させることもあります。品質が低いコンテンツで、被リンクのためだけに作成されていたサテライトサイトが多数あった時期がありましたが、現在はこのような使い方はあまり良くないとされGoogleがサイト自体の品質をチェックするようになったので量産は難しいです。
更新されないあからさまなサテライトサイトは、SEO対策をとる上でもデメリットしかないとします。被リンクだけを目的にして量産されているサイトも、最近は見かけなくなったのはこのような経緯があるからです。コスト面から考えてもSEO対策を利用するよりも高くはなりませんが、人件費や時間などの面でコストがかかってきます。
品質や運用をしていくことが大切なので、ここへ手間をかけながら作成しているサイトも、Googleのアルゴリズムによってペナルティを受ける可能性も高まります。最近は正しい形でSEO対策を利用し、ユーザーにとって有益なコンテンツを定期的にあげていく方がメリットが大きいです。トラフィックでも広げることを目的に作ることが多いですが、集客仕切れない面はキーワードを使って集客することも目的にしています。メインサイトではメリットも多いですが、それぞれのコンテンツによってジャンルも異なりますし、無料ツールで情報を定期的に更新することがポイントです。
メインサイトやサテライトサイトがそれぞれ生きているサイトになるように、更新しながら運営することでユーザーにとっては価値があるサイトになります。作成方法はバックリンクなどがありますが、それぞれの問題の有無も異なるので注意が必要です。被リンクの獲得だけを目的とした質の低いコンテンツや、運用されてないであろうサテライトサイトは、Googleで禁止されている衛生サテライトや誘導ページなどに当てはまります。バックリンクも大切ですが、デメリットをとる方法はリスクが高いので避けるに越したことがありません。
サテライトサイトの使い方を正しく認識して、品質の高い運用性があるユーザーにとっても価値のある役立つサイトにしていくことが真っ当な方法になります。